8→1

< profile >

< web clap >

< calendar >

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

< search this site. >

< selected entries >


< categories >


< archives >


< recent comment >


∞ ストロベリーナイト 完成披露試写会 

【12/6 23:45】

何を言ってもネタバレになってしまうので、何も言えないのがつらい...!
映画の世界に引きずり込まれました、すごい作品でした。

試写会。

覚え書きは後日する予定。

【12/8 16:56追記】

覚え書き追記しました。

・イベントに続き、こちらの司会も笠井アナ。
・映画の前に、スクリーンに向かって左手の入口から、イベントと同じく佐藤監督/遠藤さん/武田さん/丸山さん/竹内さん/大沢さん/宇梶さん/津川さん/渡辺さん/高嶋さん登場。
・イベントと同じ順で、丸山さんは4番目のご挨拶。
丸山さん、「監督が何かやれって目をしてますけど、やりませんよ、まじめに話します」って。佐藤監督が「3、2、...」ってカウント始めても「やりませんから!」って頑な。笑
・でも、宇梶さんや竹内さんに「やらないの?」って言われて、大沢さんにも「初めてだから楽しみにしてたのに」って言われちゃって、照れくさそうに「じゃあ、知ってる人だけ、お願いします」「せーの」「パーン!」
・恥ずかしそうに、大沢さんに「こういうことなんです」って言ってた。かわいい。
丸山さんは「原作のファンの人や、スペシャルドラマやテレビドラマを観てきた人は、いろいろ思うことがあるんじゃないかと思う、できればこの後、お客さんがどんな反応するのか観ているところを見たい」的なコメント。
・あと、笠井さんに湯田に似てるんじゃないかって言われて、「湯田はホシを挙げたこともないし、居酒屋でチョケてるばっかりで、こうなんじゃないかって言っても違うって言われる。グループの中でも提案しても『それは違うよ』って言われる方だし、似てる」と。
・挨拶をシメかけて、「あっ、監督にいただいた名言もありますので、楽しみにしていてください」って付け加えてたけど、イマイチどれのことだかわからなかったです...あれかな?
・高嶋さんが挨拶で、結構核心に迫る発言をし出して、イベントに続いてまたネタバレするんじゃないかとザワつく壇上。笑 丸山さんは竹内さんと顔を見合わせて笑ってました。かわいい。
・最後は、深々とお辞儀をして、入ってきたドアから退場されました。

続きは、映画を観て思ったこと。完全な自分用メモです。盛大にネタバレしてますのでご注意を。





























丸山ヲタ的には、
・真っ直ぐでひたむきな湯田さん。最強にかっこかわゆい!
湯田さんの活躍シーンが予想外に多くてびっくり!
・特に居酒屋のシーン、重大な情報を持ってきた湯田さん、大活躍すぎる!!!
って感じでした。

内容的には、つらく、せつなく、くるしく、かなしい。
姫川さんの「殺して」の後はもう、ずっと泣きっぱなしでした。今でも予告を観ると涙が出てくる...。
どうしてみんなこんなにつらい目にあわなきゃいけないのか。
菊田さんも、牧田さんも、川上さんも、柳井さん姉弟も、内田さんも。もちろん姫川さんも。
特に和田さんに関しては、TVで三浦さんを見ると泣いてしまう程度にダメージを受けています。
例によって前売券たくさん買ってるけど、何回も観に行けないかもな...。

でも、作品としては、ものすごくカッコよかったです。
原作とは主軸が少しずらしてあって、すっきりと感情移入しやすくなってたし。
だから、余計につらいんだけど...。
降り続く雨、どんよりと不安を煽る世界、完全に引き込まれた2時間ちょっとでした。

つらいけど、公開が楽しみです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック